キャッシングの審査

賃貸は住居歴が長いほど好印象!

キャッシング審査を受けた時に、家族構成や住居歴などを書く欄が必ず出てきます。

最初は何とも思っていませんでしたが、キャッシング審査を受けるたびに聞かれるので、「何か重要なのかな?」と思うようになりました。

 

その時に、たまたま銀行で融資をしている友人と話す機会があったので、
キャッシングやカードローンの住居歴っていうのは、どういう意味があるのか聞いてみたことがあります。

 

友達の勤めている銀行では、住居歴が長いからと言って、「はいOK!」とまでは行かないですが、
やはり同じ住所にずっと住んでいるというのは、それだけ安定性があるため、
夜逃げをしたり、借金を踏み倒さないと思われる傾向があるようです。

 

銀行はとにかく、『安定性』というのを非常に好むので、
間違いなく住居歴が長いことは、メリットになると言っていました。

 

逆にキャッシング審査や銀行のカードローン審査で一番嫌がれるタイプは、
引っ越しが多い人』だそうです。

 

いつ連絡が取れなくなるのかわからないので、1年のうちに何度も転居している人なんかは、
非常に審査ではマイナスに影響することがあるそうです。

 

やはり住所不定の人などは、キャッシング審査には通らないように、
家がちゃんと安定しているということは、お金を借りるときには、大きなポイントになってきます。

 

そういう意味では、やはり賃貸マンションよりも、持ち家の方が余計にベストだと言えるでしょう。
賃貸で引っ越しをしたばかりの人は、キャッシング審査の時に影響するかもしれません。

 

ベストは持ち家!

キャッシング審査の住まいで一番ベストになるのはやはり『持ち家』です。

 

持ち家だと夜逃げをする可能性が低くなるので、やはり信用が高いです。
消費者金融にとっては、ある日突然いなくなって音信不通になってしまうのが、一番怖いことだと思います。

 

やはりそういう意味では、持ち家というのは手堅いですよね。
賃貸の方が、逃げようと思ったら、逃げやすいと言えばそうですよね。

 

住宅ローンを組んでいる家を捨てて逃げる人はなかなかいないので、
やっぱりキャッシング審査で持ち家が好まれるというのはわかるような気がします。

 

また、持ち家に住んでいるということは、住宅ローンを組めるほどの年収もあるということなので、
やはり消費者金融などからしたら、非常に融資しやすいと思います。

 

賃貸と持ち家で、それほどキャッシング審査で大きな差は出ないと思いますが、
やはり賃貸よりは持ち家の方が良い印象がつきやすい部分があると思います。

 

キャッシング審査では、一つの項目だけをパスしているので、お金を貸すと判断しているわけではないので、
やはり否決かどうかでちょっと迷った時に、最後の後押しとなるような影響力は多少あるかもしれません。

 

やはり家を持っている人は、キャッシング審査の時などは非常に良い条件だと思います。

 

家で全てが決まるわけではありませんが、やはりちょっとした信用が積み重なって、
その結果、『可決』や『否決』になりますので、
やはり少しでも多く、良い条件がある方が、審査では有利ですね。