キャッシングの審査

銀行は年収300万円がボーダー

銀行のカードローンの審査では、年収300万円程度がないと、門前払いになってしまうケースが多いです。

さすがに銀行なだけに、カードローンの審査は、消費者金融よりも非常に厳しいと言えます。

 

年収が300万円を超えている場合は、銀行のカードローンの方が、金利が安くお得なので、挑戦してみると良いと思います。

 

銀行のカードローンの場合、自分がその銀行の口座を持っていると、比較的審査が通りやすくなると思います。

 

 

もちろん、口座を持っているだけではだめですが、
やはりカードローンを申請しようと思っている銀行の口座を持っていると、
それだけカードローンの手続きやその後の返済や借入なんかも簡単です。

 

私も大手メガバンクのM銀行のカードローンは、インターネットバンキングを持っていたので、
全てオンラインだけで申し込みから契約までが進みました。
ネットで完結してしまうので、非常に便利です。

 

ただし、銀行系のカードローンは、やはり消費者金融に比べて、かなりハードルが高いので、
自信がない人は、最初から消費者金融系のキャッシング審査に絞った方が良いと思います。

 

年収300万円未満で低い人も、銀行系は難しいので、消費者金融の方がお勧めです。
銀行系のカードローンは総量規制も影響しないので、審査が通れば、
非常に使い勝手が良くお得
です。

 

銀行系も消費者金融も、お互いに良い点と悪い点があります。
上手く使い分けることが大事になってくると思います。

消費者金融は定期的な収入があればいくらでもOK

銀行系のカードローンは年収が300万円程度ないと厳しいですが、消費者金融のキャッシング審査の場合は、お小遣い程度の収入であっても、定期的な収入があればOKです!

 

やはり銀行系に比べて、非常に年収の敷居が低いのが消費者金融系のキャッシングの最大の魅力だと思います。

 

パートタイムで働いている主婦なんかでもOKです。

 

消費者金融の場合は、総量規制の影響を受けるので、年収が少なければ、それだけ借りれる額が低くなりますが、
キャッシング審査には年収の低さはそれほど影響しません。

 

銀行系が年収300万円以上の人を、『安定した収入がある人』と大体定めているのに対し、
消費者金融はそういった年収での最低ボーダーラインのようなものを設けていません。

 

だからこそ、消費者金融には色々な人がお金を借りやすいというメリットがあると思います。

 

消費者金融というと、闇金ウシジマ君のような世界を思い出す人もいるかもしれませんが、
大手の消費者金融は非常に感じが良く、闇金とは全く違います。

 

さすがに返済を遅延したりすれば、スタッフも怖くなると思いますが、
真面目に返済している人には基本的に優しいです。

 

消費者金融は返済が遅れたときにも、
しっかり自分から連絡をして支払いの意思を見せていれば、
ひどい対応をされることはまずありません。

 

真面目にお金を返す気があるのであれば、
消費者金融はやはりキャッシング審査が通りやすいので、非常におすすめです。