キャッシングの審査

実家住まいや既婚者の方がベター

キャッシング審査では、一緒に住んでいる家族がいるかどうかが、意外に需要になると言われています。

というのも、消費者金融も『夜逃げ』の心配をしているからです。

 

世の中には、お金を借りて、そのまま返済せずにとんずらしようと思っている人もいるのです。

 

 

そうなった時に、やはり実家暮らしの人や、
小さなお子さんがいて、小学校などに通っている同居家族がいると、
夜逃げをしたくても、なかなか簡単には逃げれないという事情があるため、
『夜逃げしにくい』と思われている部分があると思います。

 

家族が一緒に住んでいるということは、
キャッシング審査では有利とまでは言いませんが、やはり不利にはなりにくいと思います。

 

一人身の方が、夜逃げはしやすいので、そういう意味では、
家族持ちの方が、社会的な信用が高いと言えます。

 

家族がいても夜逃げをする人はいますが、やはり一般的には、
家族がいる人の方が、夜逃げをしにくいですね。

 

キャッシング審査では、ちゃんとお金を貸しても、
そのお金を返済してくれるかというのが大事になってきます。

 

やっぱり消費者金融も、お金を返してくれそうな人に融資をするのが仕事なので、
できるだけ逃げなさそうな人を選んでいるという部分はあると思います。

 

キャッシング審査の時に、同居人の有無や家族構成まで聞かれるのはやはり総合的に、
逃げる人間か、逃げなさそうな人間かを、チェックしていると思います。
同居人がいる方が、やはりキャッシング審査ではちょっと有利なのかなって思います。

 

一人暮らしは微妙

キャッシング審査では、同居人がいる方が、夜逃げの可能性が低いので、有利に働くというお話をしました。

でも、一人暮らしだったら、みんな不利になるのかというと、そうでもありません。

 

やはり一人暮らしでも、評価が高い人はいます。
それはやはり『公務員』や『大手有名企業の社員』です。

 

やはり、社会的な信用が非常に高いので、一人暮らしでも、全く不利にはなりません。

 

キャッシング審査の時には、在籍確認をしますので公務員や有名企業で在籍確認が取れれば、
それだけでも十分信用が高くなります。

 

万が一、勤め先がそれほど有名な企業でなくても、心配をすることはありません!
一人暮らしでも、『他の要素』で評価が高ければ、もちろんキャッシング審査は通ります!

 

一つの会社での職歴が10年以上あるとか、
同じ住所に何年も住んでいるとか、総合的な要素から判断されますので、
一人暮らしだからというだけで、簡単にキャッシング審査を落とされることはありません!

 

条件が全部完璧でなくても、他の部分で信用を高めることは十分可能です!

 

結局、キャッシング審査というのは、総合的に見た時に
「この人だったらお金を返してくれるかな」と思ってもらえる人が審査を通ります。

 

出来れば同居人がいた方が良いですが、絶対的な条件ではないので、
一人暮らしの人は、それほど気にする必要もありません。

 

しかし、何度も何度もキャッシング審査を落ちる場合は、そういう部分も見られている可能性があります。