キャッシングの審査

総量規制で引っかかっている

キャッシング審査で、なかなか通らない原因の一つは、やはり総量規制の問題です。

他社で既にキャッシングの限度枠一杯を使っているので、新しくキャッシング審査をしても、枠がないので通らないというケースがあります。

 

総量規制で引っかかっている場合は、基本的にはもう消費者金融のキャッシングは諦めるしか方法がありません。
もしくは、転職で年収UPしてから申し込むことも出来ます。

 

それでもどうしてもキャッシングをしたいのであれば、
総量規制がかからない銀行系のカードローンを利用することをお勧めします。

 

筆者は過去に、消費者金融と銀行系のカードローンを両方持っていましたが、
やはり銀行系のカードローンの方が、枠が多くもらえるので非常に使いやすいという印象がありました。

 

消費者金融系のキャッシングで、思ったほど枠が貰えなかった場合、
銀行系のカードローンで大きな枠を貰えたら、おまとめローンのような感じで、
枠の少ない消費者金融のキャッシングを先に返済してしまいましょう。

 

銀行系のカードローンで金利を安く返済していくという方法もあります。

 

ただし、銀行系のカードローンは審査が厳しく、必ずしも審査が通るとは限りませんので、
出来れば審査が優しい消費者金融系のキャッシングを一つ持っている方が便利かなって思います。

 

総量規制で思うように枠が貰えなかった人は、
総量規制のかからない銀行系のカードローンに挑戦してみることをお勧めしたいと思います。

 

キャッシングは2、3社が限界

キャッシング審査は、『多重債務者』だと受からないという声もあります。

 

でも、多重債務者と言っても、2、3社であれば意外に審査が受かってしまうものです。
問題なのは、やはり返済がきつくなって4社目、5社目と申し込みをする人です。

 

昔から、借金を借金で返してはいけないと言われていますが、自転車操業状態になってしまうときついものがあります。

 

多くの場合、消費者金融でも、2、3社であれば、事前の簡易検査でも融資OKと出ますが、
さすがに4社や5社になってくると、返済が厳しくなってくるので、
なかなかキャッシング審査も通らなくなってきます。

 

多重債務者にもやはり限界がありますので、すでに今の時点で3社以上と契約している場合は、
これ以上返済がきつくならないためにも、キャッシングはこれ以上申し込むのを止めることをお勧めします。

 

新しく4社や5社目の契約をするのは、ある意味自殺行為のようなものです。
1社で1万円の返済が必要な場合、5社も契約してしまうと、
それだけで5万円の返済を背負ってしまうことになります。

 

借金の返済のために、新しい借金をするのは絶対にやめましょう。

 

もしも新しい借金をするのであれば、消費者金融などに電話をして、
次のお給料で支払うことを提案してみたり、
他の方法を考えてみることが大事になってくると思います。

 

借金で借金を返済すると、雪だるま式に借金が増えるだけになってしまいますので、
一番危険なパターンです。